保険会社と交渉

交通事故被害者になったら、通院や入院をしなければなりません。ある時期になったら後遺障害認定の作業を行う、またそれを行わずに示談交渉を行っていきます。どちらに進んだとしても最終的には慰謝料の請求を相手方の保険会社に対して行うことになります。その場合にはまず自分で行うことが想定されます。自分で行う際には担当者と顔を合わせて交渉を行っていきます。

慰謝料の請求ではメインとなる慰謝料の他に交通費などがありますが、さまざまな項目に関する金額を合計した金額を請求することになります。慰謝料が低額になる場合があります。多くは後遺障害認定を行っていない、また非該当になった場合ですが、こういった場合には保険会社との示談交渉ではもめることがあまりありません。そのため比較的スムーズに示談交渉が終了します。

最近では保険会社に対して直接慰謝料請求することを避け、交通事故紛争処理センターに示談の斡旋を行う方が多くなってきています。これは間に無料で弁護士に入ってもらうというサービスを提供しているADRです。ここでは時間は比較的かかりますが、それでも納得できる慰謝料を得ることができます。慰謝料をより多く獲得したい場合にはこのやり方がいいでしょう。