弁護士に依頼

後遺障害認定された場合には多くが慰謝料の請求額が上がってしまうものですが、この場合直接保険会社と示談交渉をしても納得できる金額を得ることができることはほとんどないものです。保険会社にとっては示談金は低額に抑えたいものです。ですから納得できない金額になることは十分に予想されるものなのです。そのため示談金が大きくなるケースでは弁護士に依頼をした方がスムーズですし、結果として納得できる慰謝料を得ることができるものです。

慰謝料請求について弁護士に依頼をした場合、まずは弁護士が保険会社と交渉を行います。あまり慰謝料が高額にならない場合には、保険会社も請求した金額を支払うことが多いものです。しかし金額が高額になるようなケースでは多くは交渉が決裂し、裁判に移行することになります。裁判では多くが時間がかかるので、交通事故被害者としては避けたいものですが、高額の慰謝料を得たい場合には裁判を避けることはできないものです。

弁護士に依頼をして裁判を行えば時間はかかりますが、それでも多くの慰謝料を得ることができるものです。後遺障害の上位等級を得た場合にはより高額の慰謝料になるものです。この場合には裁判を起こすのが一般的です。

参照リンク・・・交通事故被害者救済サイト─交通事故慰謝料請求相談